でーん!とベルリンの壁

チェコ入国のためにビザを取りに行かなくちゃ
ならんとやって来た。
滞在予定は1日。

その日の夜行でドレスデンに行く予定でした。
結局、大使館は着いた時には閉まっていた。

翌日、ビザ取って”そっこー”チェコ入りと思ったが、
ドレスデンに寄ることにした。でも、折角

来たからにゃ観光!ということで・・・。
ベルリン来たならやっぱり、ベルリンの壁!でもどこに

あるやら分からん。

後でガイドブックを読んだらベルリン市のはじっこにある
とのこと。そやけど東西ベルリンを隔てていたという
ブランデンブルク門の真ん前までやって来た。
昔はこの門の前に

でーん!とベルリンの壁が立ちはだかっていたという。

見えるのに行けなかった旧東ベルリン側の門。当時の
西ベルリンっ子はどんな思いでこの

門を眺めていたのだろうか?ベルリンの壁はなかったが
代わりにロシアから出稼ぎの為にやって来た私の2倍
くらいのサイズのロシアおばさんがたくさん居た。

1メーター間隔で売りもんを並べてた。

動かないロシア軍の懐中時計、ゴルビー人形
(ゴルバチョフ前大統領の木造人形。人形の中にその
一回り小さいゴルビー人形が入っている。
それが何重にも。
でもなぜ?エリツィンでなく、ゴルバチョフ!)
手編みもんのなんか(マフラー?夏やで、今)、私に
そんなん必要ないやん!

っていうレースのテーブルクロス。
おばちゃんは慣れない英語で話し掛けてくる。

おばちゃん必死。

私はおばちゃんのロシア訛りの英語のヒアリングに必死。
結局、おばちゃんは英語を断念して、ずっと流暢な
ドイツ語に変更。

私は持てるドイツ語力で「Was ist das ? (これは何ですか?)」
と対抗。しかし限界。分かるのは数字のみ。

しかも話を聞いてたらやたらとドル払いを勧める。
「マルクしか持ってへん」ってゆうてん

のに、マルクならXXマルク。ドルならXXドルって・・・。
「ダラー、ビリヒ(ドル安い!)

マルク、トイヤー(マルク、高い!)」やて。
どこがやねん!マルクで買う方が断然お得な

値段やんけ!!
どうやら売りたい一心で計算もむちゃくちゃらしい。
時計を見せては
ハラショー、ハラショー
こっちは「ハラショー」ちゃうっちゅうに!

思わず「ニェット!!」そんな手書きの為替レート
見せられて誰が信じんねん!

でも、こうやっておばちゃんと交渉してたり
してる時が旅の中で一番おもろい時かも・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です